水の波紋

金型の働きをサポートしてデリケートな製品の成形を可能にする離型剤

遮光瓶

最近では、プラスチックを素材として使った製品でも、ガラス製品と見紛うほど繊細なデザインの美しいものを多くみかけます。消費者の目を楽しませてくれるこうしたデリケートなタイプの製品は、製造する過程で少なくとも2つの難問を乗り越えて、初めて市場に出ることが出来ます。
1つは、こうした製品を成形するのに使用する正確な金型を用意することです。デザインは、紙の上に描いたり、CGで設計するのは容易ですが、これを実在する製品に変えるための金型作りはそう簡単ではありません。そしてもう1つは、その金型から、成形されたプラスチック製品を、一切キズやダメージを負わせることなく取り出すことです。この後者の難問に対して、フッ素コーティング剤を使った離型剤が役に立てるでしょう。
フッ素系離型剤は、金型上にフッ素樹脂塗膜を作り、それによってプラスチック原料の金型への粘着を防ぎます。この塗膜は、ごく薄いものであっても、離型剤としての効果を十分発揮してくれます。そのため、複雑に入り組んだ金型で、スロットが狭い部分が沢山あったとしても、綺麗に離型させるのに足る薬剤は十分に塗布できる上に、極薄の塗膜ゆえに製品サイズに影響を及ぼす心配がありません。
プラスチック素材を使った難易度の高い製品の成形には、フッ素系離型剤を選ぶのが賢明でしょう。

多用されることの多いフッ素系離型剤のメリット!その性能は?

樹脂製品等を作成する際金型から成形品を取り出すのに、製品を取り出しやすくするために用いる薬剤のことを離型剤と言います。離型剤は成形品と金型との摩擦を軽減させる働きがあるため、成形品と金型が密着しすぎるのを防止します。離型剤を使わなければ金型に成形品がくっつきやすく、成形品の形状が変形する恐れもあります。そんな離型剤にはさまざまな種類のものが使用されていますが、中でも広く用いられているのがフッ素コーティングを施すフッ素系離型剤です。フッ素には物体にくっつきにくいという性質があるため、この特性を利用した離型剤を金型に塗るだけで成形品の離型性を向上させることができます。また非常に薄い膜厚であるため、金型の汚れも少なく成形品への転写も少ないため、連続成形ができる点もメリットの一つです。成形品への転写が発生すると、製品表面に曇った跡が残り外観不良となるため、外観のキレイさを重要視する製品に多く使用される傾向があります。さらに成形後に2次加工がある場合は、表面に離型剤が転写しているとふき取る工程が発生してしまい量産性に欠けますが、フッ素系離型剤にはそれがないため手間を省ける離型剤としても重宝されています。

フッ素コーティング離型剤の特徴!成形作業をスムーズに!

フッ素コーティングの離型剤は、フッ素が持っている接着力が弱いという性質を生かして作られています。ゴムやプラスチックなどの成形に使用する金型は、フッ素コーティングの離型剤を使用することで取り出しやすくなります。また、シリコーン系の離型剤や、ワックス系の離型剤とは構造が異なります。フッ素コーティングをすることで、加工性の良さや耐久性の強さに関する機能も加わります。
フッ素コーティングの離型剤には、たくさんの特徴があります。表面エネルギーが極めて低く、撥水性や撥油性、耐熱性に優れています。非フッ素系溶剤には溶けません。常温で乾燥することができます。離型剤として使用する時には、粘着剤などに対しても利用可能です。高い温度で溶融したり硬化する樹脂にも有効で利用可能です。複雑化している金型に対しても有効で、幅広いニーズがあります。耐久性に優れているので、ガラスや金属、プラスチックなどに対して被膜を形成するときに用いられます。金型に使われている理由は、離型剤が移行しにくく反復して使用することが可能だからです。成形した商品への離型剤の影響は大変少なく、きれいに取り出せます。金型は汚れにくいので、毎回コーティングする必要はなく繰り返し成形作業を行うことができます。


成形作業をスムーズに!離型剤を買いたいなら【フロロテクノロジー】はいかがでしょうか?高い技術力が魅力の会社です。

Post List