水の波紋

離型剤を使用する製品とその効果

離型剤とは工場や現場で製品を型にはめて作る際に、スムーズに型から製品を取り出す際に使用される塗布薬剤です。

主に油性離型剤や水溶性離型剤のスプレーで製造に塗布をします。

主に使用される製品は、コンクリート、プラスチック・ゴム、食品添加物、鋳造の4種類に使用します。

コンクリート
コンクリート離型剤を使います。
表面のコンクリート型枠に塗布して、型枠にコンクリート製品が固着するのを防いでくれます。

プラスチック・ゴム
フッ素コーティングスプレー(フッ素系離型剤)を使います。
滑り性や非粘着性のフッ素化合物特有の効果を利用して成型時に塗布して型からプラスチック・ゴムを取り出しやすくしてくれます。

食品添加物
動物油系やシリコン系の食品用離型剤があり、主にパンを製造する際に使います。
カッターに塗布し焼き型や機械にパン生地が付着するのを防いでくれます。

鋳造
金型から鋳造直後の製品を離す際に塗布して使用します。
また金型から製品を押し出すときに金型と製品の摩擦を少なくして、製品のダメージを減少させる効果もあります。

離型剤にはメリットとデメリットがあり、メリットは金型の寿命が延びたり、メンテナンスの時間が短縮になります。
デメリットは極少量の塗布が可能の設備が必要になってきます。

Post List